食事中のサインに気づく

お年寄り

年齢を重ねるにつれて体がドンドンと衰えていきます。そのため、いつまでも若い体というわけにはいかないので、高齢者には高齢者用の食事を食べてもらうのが一番良い方法となります。高齢者の方は自分で症状を自覚する事が出来ない事もありますので、一緒に生活をしている人や介護している人が食事する際の問題となっているサインに気がつく事が重要になります。飲む、噛むが低下している場合にサインがありますので、その症状を覚えておいて、サインが出ている事に気がつく事でトラブルを回避しやすくなります。食事中は特に意識して見る観察するようにしましょう。

観察される事はあまり気分が良くない事が多いので、観察する際には、親しい関係の方が観察するようにした方がストレスを与えなくて済みますので、観察する人も注意しましょう。高齢者の食事する際に危険なサインとして、かみ合わせがあまり良くない状態である、口に含んだ料理を中々飲み込まない、食べる際に口が開きっぱなしになっている、食べ物をよくこぼしてしまう、よだれが垂れる事が多い、食事中のタンの量が多い、水などを飲むことで蒸せてしまう、食事が終了した後に声が変わっている、咳き込む回数が多いなどの症状は問題が発生している可能性が高いです。リ調理方法が悪い可能性もありますので、症状に合わせて調理方法や食材を変えて見るのも一つの手段となるでしょう。それでも改善しない場合は、顔周りの運動を取り入れるようにしてみたり、唾液が出るように促してみたりと別の治療方法を試みるのも良い作戦の一つです。医師と相談しながら改善させるのも手段として問題ないですので、高齢者が食事しやすい環境をしっかりと整える事が重要となります。